もうすぐ平成30年
0
    こんばんは!
    すっぴんぴかぴか、スピカです!


    いろんな人がブログに書いてくれていますが、私たち丸高演劇部は、先日行われた四国大会で文部科学大臣賞をいただき、来年8月に長野県で開催される全国大会に出場できることになりました!
    大好きな仲間と「フートボールの時間」を続けることができて、本当にうれしいです。

    今、全国大会への切符を手にすることができているのは、親、先生、友達、ライバル、先輩、後輩、同級生など、たくさんの人が私たちを成長させてくれたおかげだと思います。
    ありがとうございます。

    私は広島で開催された全国大会を観に行ったとき、「全国レベルの高校演劇って、すごくかっこいい!」と衝撃を受けたんです。とても感動したんです。
    そのとき私が観ていたあこがれの舞台に、来年の8月に立つことができるのです。
    夢みたいです。

    でも、全国の舞台に立つことが私たちの最終目標ではありません。
    私たちが目指しているのは、富士山です。富士山のてっぺんです。
    そこにむかって、(ときどき迷うこともあるかもしれないけれど)まっすぐ進んでいきます!
    ハングリー精神で、もっともっとレベルアップしていきます!


    今日は、新しい第1体育館の中にある部室へお引越しをしたり、四国大会のビデオを見たり、反省会をしたりと、いろいろなことをしました。
    役職の引き継ぎもしました!
    もちろん、新しいブログ番長も決まりました。
    もうすぐ挨拶をしてくれるはずなので、誰だろうなー、と想像しながら楽しみに待っていてください。

    新しいブログ番長が決まったということは、私は「元」ブログ番長になったということです。
    この1年間、ブログ番長だったのにあまりブログを更新できていなかったな…と反省しています。
    明日からしばらく2年生は部活を引退し、勉強に専念する期間に入るので、3年生になって、部活に戻ってきたら、今度こそブログを更新しようと思います。
    「長いブログをときどき」よりも、「短いブログをこまめに」をモットーにします!


    もうすぐ2017年も終わりですね。
    そんな忙しい時期に、こんなに長いブログを最後まで読んでくださってありがとうございます。
    そんな優しいあなたの年末年始が、一層楽しくなりますように。

    以上、スピカでした!
    カテゴリ:日記 | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    まだ上へ。
    0
      マカロン アイロン アイロニーです!

      今年ももう終わりですね‥‥
      来年は受験生です。ああ、頑張らねば。

      さて、度重なる報告になりますが、クリスマスとその次の日に松山で行われた四国大会で、丸高演劇部は文部科学大臣賞をいただき、来年の長野総文へ推薦していただきました。
      私たちをここまで支え応援してくださった皆様がいたからこそ、この結果があります。
      感謝してもし切れません。
      本当に、ありがとうございました。

      ではでは、四国大会のお話を少しさせてください!
      上演本番は、すごくすごく楽しかったです。
      お客さんの反応が嬉しくて、自分はもちろん、仲間が思いっきり楽しんで演じているのを袖から見るのが本当に幸せでした。
      だからこそ、劇が終わりに近づくにつれて寂しい気持ちにもなりました。
      終わりが来て欲しくなかったです。
      もちろん、後悔や未練はありませんでした。出せるものは全て出し切りました。
      それでも、もしもこの舞台が高校演劇人生最後の舞台だったらと考えると悲しくて寂しくて、よくわからない気持ちになったんです、上演後。
      でもみんなの笑顔が見られたので、なんだかホッとしたのも本当です。

      そして次の日、審査発表の日。
      4校の劇を見て、生徒交流会があって、審査員の先生からの講評があって、それからいよいよ審査発表です。
      やっぱり、どこの学校もレベルが高くて、学ぶものがたくさんありました。
      それと同時に、正直焦りもありました。
      今さら焦っても仕方ないのは頭では分かっていましたが、心は分かってませんでした。せっかくの生徒交流会も、結果が気になりすぎてあまり楽しめませんでした。
      そして講評です。今まで気付けてなかった部分にもアドバイスをくださりました。この講評を活かしたい、みんなで話し合いたい、そんな気持ちでいっぱいでした。
      でもそのためには全国大会への切符が必要です。余計ドキドキしてしまいました。

      そしていよいよ審査発表です。
      私は丸演の中で一番緊張してしまってました。みんなに心配をかけるほどでした。
      みんな、ごめんね。慰めてくれてありがとう。

      文部科学大臣賞
      『豊嶋了子と丸高演劇部作 フートボールの時間』

      この言葉が聞こえた時の喜びは今でも忘れられません。
      あれだけ私が心配していたのは、自分たちが今までやって来たことを信じられてなかったわけではありません。
      信じてました。私たちならできると思っていました。
      でも、やっぱり不安でした。
      もしも、もうこの劇と向き合うことができなくなったらと考えるだけですごく怖かったんです。
      ネガティブ爆発していました。

      審査員が変わると結果も変わると審査員長の先生が言っていました。
      運良く、私たちは全国大会への切符を手に入れました。
      ここで忘れたらいけないことがひとつ。
      当たり前ですが、私たちが全国大会へ出るということは、他校さんは全国大会に出ることはできないということです。
      他校さんは、ライバルであり大切な演劇仲間です。
      私たちは、去年とても悔しい思いをしました。
      だからこの悔しさはよく知っています。
      だからこそ私たちはたくさんの想いを背負って全国大会へ挑まなければなりません。
      もちろんプレッシャーもありますが、四国の代表として胸を張って全国大会で上演できるよう今まで以上に努力していきます。
      応援してくださっている方の期待に必ず応えます。

      はじめにも書きましたが、私たちがここまでこれたのは、私たちだけの力ではありません。
      私たちのことをいつも考えて、たくさんたくさん指導してくださった顧問の先生方、ランを見に来てくださったり、応援してくださったOB、OGの先輩方、朝早くからお弁当を作ったり、送り迎えをしてくれた家族、私たちの上演のサポートをしてくださったスタッフの方、壮行会で私たちを四国大会へ送り出してくれた丸高の先生方や生徒の皆さん、全国大会を目指し、お互いに必死で練習してきた他校さん、いつも私たちを応援してくださっている全ての方。
      挙げ出したらきりがありません。
      それだけ私たちはたくさんの人に支えられています。
      私ブログで何度も言ってるような気がしますが、支えてくださった方々に必ず恩返しをします。
      応援されるのにふさわしい集団になって、必ず富士山になります。
      できないことばっかりで、たくさんたくさん叱られた丸演2017ですが、必ず富士山になって、先生を喜ばせてみせます。

      そして、2年生は一旦引退になります。
      新部室への引越しも終わり、役職も引き継ぎ、いよいよ新年からは新体制での部活が始まります。
      1年生のみんなは正直2年生よりもしっかりしてるので、何も心配はないです。
      とは言っても、きっと大変なこともあります。
      困った時は2年生を頼ってください。
      みんな1年生大好きなので、飛んでいきます。
      この3ヶ月で先輩になる準備、頑張ってください。私たちも勉強頑張ります。
      そしてまた復帰した時はよろしくお願いします。

      すごい長くなりましたね。笑
      ここまで読んでくださりありがとうございます。

      ではみなさん、良いお年を(^^)

      以上アイロニーでした。
      カテゴリ:日記 | 16:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      必然の偶然
      0
        おはようございます、みるくんです。

        先生や豆ハムさんが書いてくださってたように、丸亀高校演劇部は、四国大会にて文部科学大臣賞をいただき、来年8月の長野総文に推薦していただくこととなりました。
        ここまで来られたのも、応援してくださった皆様が居てこそです。本当にありがとうございます。


        さて、思い返してみると、僕たち1年が入部したのはもう8ヵ月以上も前のことになってしまいました。短かったような、長かったような、やっぱり短かったような……。
        しかし、僕たちも入部したてのころから、「全国いくぞ!」と本気で思ってた訳ではなく(そう思えてたら一番良いのでしょうが…)、ただ楽しそうだったから、入りたいと思っただけなんですよね。少なくとも僕は。

        昨年の県大会で、先輩たちはめちゃくちゃ悔しい思いを味わいました。今の3年生の先輩方は、そこで引退してしまいました。
        僕たちはそれを経験してないわけで。けれど、先輩たちは、自分たちの思いを真剣に伝えてくれました。「全国行きたい」「日本一になりたい」と思い始めたのも、その時が境だったかもしれません。


        それからもいろいろあったけれど、気づいて見れば、全国への切符を、四国でたった一枚の切符を、自分たちは手にしていて……。

        けれども僕はまだ、自分たちがここまで来たことが、なんだか信じきれてなくてですね……。どうしてなんですかねぇ。


        ちょっと話は逸れますが、僕は、僕たちが今こうしている事が、なんだか偶然でもあり、必然でもあるような気がしているんです。


        偶然と必然って、何なんでしょう。偶然だと思っていても、それは必然かもしれない。必然だと思っていても、それは偶然かもしれない。

        芸術って、偶然性に美しさを見出すものともいわれますが、演劇も芸術だから、全く同じ作品、全く同じ演技なんて決して無い。毎回、少しずつ違っているし、それが演劇の、芸術作品の良さでもある。はず。なんですけど。僕はその偶然が、言ってしまえば全ての偶然が、必然として起こっているように思えるんですね。


        そう思い始めると、なんだか全ての風景が、違って見えてくるんです。偶然と必然って、表裏一体であるような気さえしてきて……。


        あっ、これはあくまで僕の勝手な考えですが……。


        うーん、僕は何を書いてるんだろう。

        …まあいいや。





        しかしまあ気がつけば、今年ももう終わりに近づいていて、演劇部として過ごしてきた日々も結構な長さになっていて。
        ひとまず新年からは、2年生が一旦離脱して、1年だけの部活となります。いろいろ不安もありますが、次の公演に向けて準備をせねばなりません。
        あ、1年生は今、初の台本執筆に挑戦中です。30分ものですが、なかなか上手く書けずに苦労してます。でもこれも一つの良い経験になると思うので、がんばって書き上げようと思います。

        僕たち1年も、そろそろ先輩になる準備期間に入ります。4月に新入生が入って来るまであと3ヵ月。僕たちもたくさん成長していかなければなりません。

        丸亀高校の受験を考えているそこのあなた、丸高にはこんな演劇部があるんだということ、ここのブログを見て是非知っておいてくださいな。来年度に入部、お待ちしてます!(ちょっと気が早い(笑))

        そしていつもブログを見てくださっている皆さん、ありがとうございます。これからも頑張っていきますので、どうか応援よろしくお願いします!






        ……どうやら僕は、支離滅裂な文章を書くのが得意なようです。これ以上書くと暴走してしまいそうなのでやめときます(笑)

        先輩方は上手にブログ書いてるのになぁ……。あーあ。上手く書けるようになりたい……。



        以上、みるくんでした。
        カテゴリ:日記 | 07:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        みかんと高原野菜ってどっちもヘルシーだよね
        0
          こんにちは。豆ハムです。


          今年のクリスマスはクリスマス感ありませんでしたね〜笑
          いつの間にか終わってました。
          でも、サンタさんがちゃんと来たんです。ありがとうサンタさん。

          というわけで皆さんご存じの通り昨日まで行われていた四国大会で!!!
          丸亀高校演劇部は最優秀賞である文部科学大臣賞をいただき、来年の長野総文の出場が決定しました!
          本当に数え切れんほどの方々の支えがあったからいただけた賞です。
          ありがとうございます。


          実は私は本場の朝になってから前日のトンカツの食べすぎと乾燥でお腹と喉を壊してしまって、本番も声がガスガスでした。
          全国大会は決まったものの、自分の体調管理の不十分さで本番にベストを発揮出来なかったのがどうしても心残りです。
          仲間たちにも心配をかけてしまいました。


          また、四国大会となると他校さんのクオリティもまあ高い高い。
          自分達の本番後になんとなくの手応えはあったものの、他校さんの劇を見て度肝を抜かれました。

          結果発表の時に自分達の名前が呼ばれた時の喜びはここ数年で1番大きかったんじゃないでしょうか。

          ここまで来られたのもたくさんの方の応援あってです。
          でも私たちの目標はここが終着点ではありません。
          四国の演劇部の代表として、また丸亀高校を背負って長野で四国ってすごい、と感動してもらえるような劇を創れるよう、これまで以上に努力をしますので皆さんどうか応援よろしくお願いします。
          カテゴリ:日記 | 17:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          文部科学大臣賞
          0
            最優秀賞
            文部科学大臣賞


            いただけました。
            来年8月の長野総文に推薦していただきました。
            まだまだここは通過点です。
            これからも応援よろしくお願いします。
            取り急ぎ顧問でした。
            カテゴリ:日記 | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            1日目が終わりました
            0
              会場に着き


              練習して


              上演しました。


              観てくださったみなさん、
              応援してくださったみなさん、
              ありがとうございました。
              やりきったと思います。
              取り急ぎ顧問でした。
              カテゴリ:日記 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              どうもサンタさんです。
              0
                メリークリスマス!サンタさんじゃ。
                昨夜はあっちこちにプレゼントを配って配って、今睡眠不足気味なんじゃが、
                おいらの近所の子供たちが松山で楽しそうなことをするって言うから、ちょっとついてきたんじゃ。


                おとといはケーキをあげたんじゃ。

                ただ、おいら恥ずかしくてみんなにばれないよう、先生とやらに渡したんじゃ。
                柱の陰から見ておったが、ケーキは喜んでくれたようじゃ。


                新年から活動予定の体育館の部室で荷物の準備をしよったわい。
                演劇一本やるだけで、随分手間がかかるんじゃの。



                昨日。
                わしは配達の準備があったが、こっそりついていくことにしたんじゃ。
                あの子らも、トラックに荷物を積みよったわ。

                相変わらずシャイなおいらは陰から見守るだけじゃ。
                そしてバスで松山へ。
                おいらは営業用のトナカイを駆使して松山へ。
                リハーサル前はみんな緊張気味じゃったが、なんとかいったようじゃの。

                おいらはバレんよう、暗い客席に忍び込んで見ておったぞ。
                照明がキレイじゃった。

                それからなんやかんやあって、みんなで豚カツを食べに行ったんじゃ。
                おいらは店員のフリをして、豚カツを揚げておったんじゃ。
                そのお店の名物はとんかつパフェというて、

                まぁこんな感じじゃ。
                みんなはしゃいでおったのう。


                それからが、おいら驚いたんじゃ。
                なんと、あの子たちには他にもサンタさんが着いてきておったようで、
                あちこちで「プレゼントもらった!」と言っておるではないか。
                みんないい笑顔じゃった。
                あげてるサンタさんたちも笑っておった。
                なんと微笑ましい光景じゃったことか。


                今日。朝飯を食べたぞ。こっそりと。

                そう、あの子たちの本番は今日なのじゃ。
                おいらは2階席あたりで観させてもらうわな。
                あの子たち自身が、素敵な贈り物をみんなに届けると言っておった。
                おいら、楽しみにしておるぞ。
                15:40ひめぎんホール
                みんな、来るがいい。


                サンタさんでした。
                メリークリスマス。



                第42回四国地区高等学校演劇研究大会
                12月25日(月)15:40〜16:40 上演4
                【フートボールの時間】
                愛媛県県民文化会館ひめぎんホール
                入場無料

                カテゴリ:日記 | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                思い出
                0
                  おはようございます。ルークです。

                  昨日から愛媛県の松山市にいます。
                  昨日はリハーサルがありました。正直、とても緊張しました。一昨日の夕方ごろから緊張していました。足の震えが止まりませんでした。準備はしっかりとしている自信はあったのですが、やっぱり緊張しました。

                  うまくいかなかったところもありましたが、やるべきことは出来たと思います。
                  リハーサルで分かった事をしっかりと生かして、本番に臨みます。

                  昨日、ひめぎんホールの周りをみんなでぐるっと一周まわって、駐車場あたりに来た時に、私が中学校三年生の時にこのホールに来た時のことを思い出しました。丸高の吹奏楽部の演奏を聴きに来たのです。その時の演奏がとても素晴らしくて、感動したのを覚えています。そして、丸高に入りたい、そして吹奏楽部に入りたい、と強く思いました。

                  でも、今は、演劇部として、演劇をしにこのホールに来ているのです。あの頃の自分はそんなことは全く想像していませんでした。演劇がこんなに素晴らしいものだということも知りませんでした。人生は、本当に予想のつかないことがたくさん起こるなあと思います。きっとこれからも起こると思います。きっと、私の知らないところに、演劇みたいに、素晴らしいと思えるものもたくさんあるんだろうな、と思います。でも私は演劇と出会えて本当に良かったです。たくさんの人に出会えて、たくさんの思い出が出来て、演劇は私にとって本当に宝物です。

                  だから、今日は、私にたくさんのものを与えてくれた演劇に恩返しの気持ちを込めて、劇をします。

                  今まで、応援してくださった方々、支えてくださった方々、本当にありがとうございました。「フートボールの時間」には、そのような応援してくださった方々や支えてくださった方々の思いも詰まっています。本当に、たくさんの人の思いが詰まっているのです。

                  また緊張してきました。ドキドキします。何が起こるかは分かりません。しかし、全力を尽くします。

                  「フートボールの時間」、ぜひご覧下さい!以上、ルークでした。

                  第42回四国地区高等学校演劇研究大会
                  12月25日(月)15:40〜16:40 上演4
                  【フートボールの時間】
                  愛媛県県民文化会館ひめぎんホール
                  入場無料
                  カテゴリ:日記 | 06:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  カツ丼パワーでカツ!!
                  0
                    マカロン アイロン アイロニーです!

                    ついに上陸しました愛媛県!!
                    みかんでいっぱいです。みきゃんもいっぱいいます。うちの某部員が喜びます。

                    今日はリハーサルでした。
                    県大会で失敗してしまったので、今回もとてもとても不安でした。
                    うまくいったとは言いません。でも、確認すべきことはきっとできたはずです。
                    あとは明日の本番を迎えるのみです。
                    正直、本番はとても楽しみなんです。
                    コンクールなので、もちろん結果はついてしまいます。
                    でも、それよりも私たちにはするべきことがあります。
                    私たちの想いを、来てくださった人全員に伝えることです。
                    私たちが今までやって来たことを、全て出し切ることです。 それができれば、きっと結果もついてくるはずです。

                    『富士山になる』
                    私たちがずっと掲げてきた目標です。
                    まだ富士山になれる、という自信があるわけではありません。
                    でも、富士山になりたい、という気持ちはここ数日で特に強くなったんです。
                    ランを見に来てくれた方が感動してくれたり、嬉しい感想をくれたりしたとき、もっともっとこの劇をいろんな人に見てもらいたい、私たちの想いを伝えたい、まだこの劇に関わっていたい、そんな気持ちがどんどん強くなっていくのを感じました。
                    私たちが演劇をできているのは、たくさんの方のおかげです。
                    先生方や、保護者の方、友達、地域の方など、たくさんの人から私たちは応援されています。
                    必ず感謝を伝えます。恩返しをします。
                    そして、何より一番お世話になった顧問の先生方を、必ず全国へ連れて行きます。
                    自信を持って、私たちにできる全てを出し切って来ます。
                    応援よろしくお願いします。

                    以上、アイロニーでした!!
                    あ、みなさん、merry Xmas!!


                    第42回四国地区高等学校演劇研究大会
                    12月25日(月)15:40〜16:40 上演4
                    【フートボールの時間】
                    愛媛県県民文化会館ひめぎんホール
                    入場無料
                    カテゴリ:日記 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    冬だけど、あったかい
                    0

                      こんばんは。心太(しんた)です!

                      今日は学校で壮行会をしてもらいました。

                      ステージの上からフロアを見渡すと、たくさんの人の姿に少し動揺しました。

                      僕は舞台に立った経験が少ないので、そう感じたのかもしれません。

                      しかし、一つ言えるのは、自分達はこれだけたくさんの人の代表であり、応援してもらっている、という事です。

                      僕達は、丸亀高校の代表であり、また県の代表でもあります。

                      それを忘れずに、大会に臨みます。

                      壮行会を開いて下さり、ありがとうございました!

                      部活の時間には、3年生の先輩方から、とてもあたたかい差し入れを頂きました!

                      カイロに書かれたメッセージに、とても勇気づけられました。

                      また、先輩だけでなく、先生やOBの方など、たくさんの人に差し入れを頂きました。

                      授業やろうかでお会いする先生方や、友達に「頑張って」と声をかけてもらいました。

                      忙しい中、そして寒い中、ランを見に来て下さり、講評をくださる方がいます。

                      朝早くに送り出してくれる、親の支えもあります。

                      挙げだしたらきりがないですが、これらは全て、有難いことです。

                      まわりのいろんな人からの応援や支えがなければ、今の自分達はないです。

                      「感謝」の二文字につきます。

                      だから今度は、恩返ししなければいけません。

                      応援して下さる方のエールを力にして。

                      先生や丸演の先輩方の思いを受け止めて。

                      最高のクリスマスプレゼントを届けます!

                      今週は朝ランウィークでしたが、それも明日まで。

                      明後日には、愛媛に向けて出発です。

                      最後の最後まで、やれることをやりつくします!

                      以上、心太でした。

                      42回四国地区高等学校演劇研究大会

                      1225()15:4016:40
                      上演4【フートボールの時間】
                      愛媛県県民文化会館ひめぎんホール

                      入場無料

                      カテゴリ:日記 | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      << | 2/110PAGES | >>