始めの第一歩!
0
    こんばんは、かろです。


    今日は、富士山ミーティングをしました。1年生に2年生の全国への思いを知ってもらうためです。
    2年生は去年、県大会で四国に推薦してもらうにはまだ実力が足りなくて辛い思いをしました。今思い出すだけでも、後悔が沢山あります。
    大会直前まで緊張感がなくて、あの時もっと頑張っていれば…と今更ながら思ったり、もっと先輩と長く活動したかったと思ったり、思い出したら思い出すほど後悔している部分が大きかったです。
    だから、私たちは今年こそは推薦してもらいたい。
    もっと私たちの創る劇をたくさんの人に届けたい。
    先輩方から受け継いだ全国へ行くという思いを叶えたい。
    でも、したいと思うだけでは出来なくて、叶えるためには何が行動しなければいけない。
    そのために、まずはみんなのベクトルは揃えなくてはいけません。私たちの目指しているものになる為には相当な努力が必要です。今まで以上に必死にしなければなりません。
    その目指すものが明確にあればあるほど、苦しいことも耐えることができると私は思います。どんなに辛くてもこの劇を届けたい、届けるんだ。
    そう思えば、苦しくてもやり遂げるという思いが湧き出てきます。
    今日はそのためのきっかけとしての始めの第一歩になったと思います。
    全国まではまだまだ道は遠いけど、ひとつひとつの過程を大切に。
    どこで公演をしても、丸演がいちばんだと。
    そう思ってもらえるようなものにしていきましょう。




    明日から、テスト週間です。
    勉強にも力を入れて頑張りましょう。

    以上、かろでした。
    カテゴリ:日記 | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    時は金なり
    0
      こんにちは、ピンコです。

      今日は、2人芝居の部内プレ公演をしました。
      演舞の練習や基礎練など様々な事を並行してやっていた事もあり、練習できる時間は決して多くありませんでした。
      しかし、どのペアも限られた時間の中で練習に取り組んでいて、見ていて凄いなあと感じました。
      それと同時に、自分達も負けないように頑張るぞという気持ちになりました。
      今回の芝居の練習を通して、改めて仲間の大切さを実感しました。
      これからも、お互い切磋琢磨しながら共に成長して行きましょう。

      さて、本番はどうだったかと言うと、、とても緊張しました。
      今回の台本は、どのペアも感動させるというよりは笑わせるといった感じでした。
      人を笑わせるというのは難しいことで、少しでも間違えばスベってしまいます。
      私は人を笑わせるのがあまり得意ではなくて、スベったらどうしようと緊張と不安とにかられていたのですが、思っていた以上に見ている皆さんが笑って下さり、嬉しかったです。
      でも、もう少し頑張れたと思う部分もあるので、次のプレ公演では悔いが残らないようにしたいです。

      次のプレ公演は、今日とは違う台本で、違うペアで芝居をします。
      今回よりも期間があり、今回以上に面白い芝居が見れるのではないかと期待しています。
      校内公演ができるペアには、今回は2組が選ばれ、次回は1組選ばれます。
      残された1組に選ばれるように、今回の反省を生かして頑張ります。
      以上、ピンコでした。
      カテゴリ:日記 | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      そいやっそいやっ!!
      0
        こんばんは!
        ぐ〜ショコランタン、ショコラです!


        梅雨の湿度で手や足の皮がふやけてます。
        そして、至るところがはがれてきて…。
        まるで脱皮です。困りました。



        はい、久しぶりの投稿になってしまいました。
        ノトスが終わってからはや2週間たちます。
        その間何をしていたかと言うと、
        ライオンの檻を作ったり、
        基礎練習をしたり、
        一人でのエチュードをしたり、
        数年前に先輩方が作った「用務員コンドウタケシ」の劇中の演舞を、先輩に教えてもらったりしてました!

        劇を作り上げ、上演する。
        そして、また次の劇を作り始める。

        今は、ちょうどこの劇を作り始める前の
        期間なんです。
        その期間にはよく、
        立ち稽古が始まったらなかなか部活中に時間がとれない基礎練や、
        エチュードをしています。


        今年の丸演の大きな課題に
        「体幹の無さ」があります!
        基礎が足りてないんです。
        ので、かろも書いてましたが他校さんの体幹練習を取り入れたり、
        演舞をしています。

        6月ですが汗がダバダバです。
        そのくらい大変です。でも体力がついていっているんだなぁという実感もあります。
        先輩は真夏に学ランを着て演舞をしていたんだと思うと、
        まだまだ頑張らないとって思います。


        また今は二人での稽古練習もしています!
        2年生も初めての経験です。
        二人ずつペアになって、各ペア1つずつ台本を担当して、
        二人で5分ほどの劇を作り上げていきます。
        で、明日はその、部内プレ公演というわけです。
        とても楽しみです。
        後に校内公演もする予定です。

        では、今日はこの辺で、以上ショコラでした!
        カテゴリ:日記 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        夏はもう目の前に
        0
          こんばんは、かろです。



          最近、昼休みに津島杯のために運動場や体育館で練習している人を多く見ます。熱い中頑張ってる姿を見るとすごいなぁと思います。
          津島杯、どうなるかが楽しみです。

          今日はまず基礎練をしました。
          今日はいつもの基礎練に加えて、池田高校さんの基礎練を取り入れました。いつも使わないような体の使い方をするので、ふらふらしてしまう人も多く見られました。
          池田高校さんの基礎練は「やればやるほど(基礎練している時の姿が)綺麗になる」と言われています。

          それを目指して頑張っていきましょう。



          その後、1年生は3年生に演舞を教えてもらい、2年生は次の演出決めミーティングを行いました。
          演出をやるということはすごく責任があることです。
          容易な気持ちではできないし、人一倍苦しい立場であります。
          でも、演出を経験している人はみんな、苦しいけどやって良かったと言っていました。
          演出を経験している人の言葉は、誰よりも説得力があり、ひとつひとつの言葉に気持ちがこもっていました。
          人によって色んな苦しみがあり、それを乗り越えてきていると思うと尊敬します。
          次の演出は長くて1年間続くと言われています。それだけの重荷を背負うと思うと本当に大変なことだなと感じました。大きなプレッシャーでもあります。みんなを指示する立場としてしっかりしなければならないし、体力だって必要です。
          それ以上に、これらを受け止めて立ち向かっていく勇気と決意が必要です。
          演出には何が必要なのか。
          私の中では、深く考えることができたミーティングでした。



          これからどんどん夏に近づいていきます。体力をつけて、夏にバテない体をつくりましょう!



          以上、かろでした。
          カテゴリ:日記 | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          夕日が沈む空を見ているか
          0
            こんばんは、かろです。


            今日の帰りの電車から眺める夕焼けが綺麗でした。時間が経過するに従って夕焼けの見え方がかわります。こうやって夕日が見れるような時間に帰れるこの季節はいいですね。


            今日は、3年生のみなさんに演舞を教えてもらいました。
            体幹を鍛えたり、スピード感のある動きをできるようにしたりするためです。これを2時間で覚えるのはとても大変でした。
            ひとつひとつの動きを指の先まで意識して動かすことはとても大変で集中力も要ります。
            この演舞で学ぶことがたくさんありました。
            それを生かしてこれからの活動に役立てていきます。

            先輩方、ありがとうございました!


            以上、かろでした。
            カテゴリ:日記 | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ライオンの檻 完成
            0

              こんにちは。顧問です。

              先週のノトス公演、今年もたくさんのお客様にお越しいただけました。

              ありがとうございました。差し入れもありがとうございました。

               

               

              そんなノトス公演から1週間。
              先だって作り始めていた、例の『ライオンの檻』?制作に全員でかかりました。

              ライオン好みの木造建築です。

               

              自力で立つための設計がなかなか大変。

              でも10人以上いたらやっぱり早いです。

              なんと今日完成させることができました!!

              ライオン好みの引き戸も快調に動きます。

              1年生は初めてこんな大きなものを作ったようで、大変そうでしたが、

              完成の喜びはひとしおです。

              これでいつ東館にライオンが来ても大丈夫ですね!

              みなさんも遊びに来てくださいね。

               

              以上、顧問でした。

              カテゴリ:日記 | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              足踏みよりまず1歩
              0
                こんばんは、じゃんぬです。
                虫の多い季節になってきましたね。虫と言えば、小さい虫が目の中に入ってしまって必死に水で洗い流していたことを思いだします。
                今日はダンス、発声、そして次の劇への話し合いをしました。
                ノトスという1つ大きいものが終わり、色々な変化が起きています。
                まず1つ目は基礎練習や発声のメニューです。私たち1年にとっては少し今までとは違うメニューで、心機一転し次へと気持ちを切り替えることができるものとなりました。
                2つ目は、気持ち的な問題で私だけかもしれないのですが、前より堂々と演技ができるようになったと思います。当たり前だと言われればそれまでなのですが、今までは急にこの役をやってみてと言われると少し恥ずかしさを感じてあまりできませんでしたが、昨日、一昨日の練習では急に与えられた役に入るということはできるようになっていました。
                まだまだ演技は未熟者ですし、ダメなところもたくさんあります。ですが、少しずつ少しずつ経験を積み重ね、先輩方についていけるように、そして観てくださる、応援してくださる方を楽しませる演技ができるように成長していきます。
                カテゴリ:日記 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                まだ始まったばかり
                0
                  こんばんは、ピンコです。
                  気温も少しずつ上がり、梅雨の季節が近付いて来ましたね。
                  私は暑さと雨が苦手なので、早く涼しくなって欲しいです…。
                  まぁそんな事言っても気候は変えられないので、今年も気合で乗り切ります(笑)

                  さて、今日はノトス公演の反省会をしました。
                  本番だけでなく、リハーサル、日々の練習などに関する反省を1人1人発表しました。

                  それらの中でも特に、「動きを速くする」というのが目立ちました。
                  リハーサルだけじゃなく、日々の練習においても、与えられた時間には限りがあります。その時間を有効に使うには、動きを速くし、無駄な動きを無くさなくてはなりません。
                  今回は、それが出来ませんでした。
                  また、空き時間なども、先輩方から言われないと行動できませんでした。
                  言われなくても出来る事のはずなのに、出来なかったのは、私達1年生の意識が低かったからです。
                  今日注意されたことを何度も注意されることの無いように、心に刻んで毎日の練習を頑張ります。

                  先日のノトス、見に来て下さった方ありがとうございました。
                  皆様のアンケートは、今日の反省会で読ませて頂きました。
                  嬉しいお言葉を沢山頂き、感激しました。
                  本当にありがとうございました。
                  県大会では、更に成長した姿を見せることが出来る様、一生懸命頑張ります。
                  応援宜しくお願いします!!

                  カテゴリ:日記 | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  夢がなくてもいいじゃない
                  0
                    こんばんは、豆ハムです。
                    ノトスお疲れ様でした!!!
                    2日間思いっきり楽しんで学ばせていただきました。


                    私は今回脚本・演出を担当させていただいたのですが、正直苦しかったです(笑)

                    最初は演出かっこいいなーくらいのノリで台本を書いてみたものの、伝えたい事を30分に凝縮するのはとても難しい事でした。
                    改めていつも台本を書いて下さっている先生の偉大さが分かりました。
                    演出も、演劇に初心者の1年生の演技力をたった1年だけ演劇をかじっただけの私がどこまで伸ばせるか、試されていたんだろうな、とも思います。
                    1年生は本当に良く頑張っていたと思います。
                    部活が終わった後も皆で集まって丸亀城で個人練をしていたと聞きました。
                    きっと私は頼りない演出で先輩で、1年生を不安にさせた事もあったと思います。
                    今日までよく頑張ってついてきてくれたと思います。
                    ちなみに私にはまだ夢がありません。
                    書きながら夢がある人かっこいいなーと思ったのも事実です。
                    早く自分の夢を見つけたいです。

                    そして、今回の劇は本当に多くの人たちに支えられて完成したと思います。

                    見に来てくださった方々、応援してくださった方々、皆の支えがあって今回の劇を完成させることが出来ました。
                    ありがとうございました。 そして、私が本当に心が折れそうになった時に励まし、相談に乗ってくれた家族、先生、先輩方、そして心強いまるえんの仲間達。
                    感謝しかありません。
                    本当にありがとうございました。

                    次の公演は県大会です。
                    恐らく私達2年生にとって最後の劇になります。
                    3年生の夏が終わるまで演劇部員でいられるよう、今年こそ皆で富士山になります。
                    応援よろしくお願いします。
                    カテゴリ:日記 | 22:37 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                    感じたことを言葉にしよう
                    0
                      こんにちは!ルークです。

                      この土日は、第11回香川県高等学校演劇作品研究会に参加し、たくさんの演劇を観て、盛りだくさんの2日間でした。
                      見にきてくださった方々、本当にありがとうございました。
                      1日目には、講評委員として、少しの間でしたが講評をさせていただきました。劇を観て、感じたことを言葉にすることは、思っていた以上に難しいと思いました。そして、劇の感想を深いところまで考えて他の人と話し合うことを、普段しているようで実際は、「すごいなあ」「感動したなあ」といった単純な言葉を交わす程度で終わっていたように思います。部活で、みんなで演劇を観た後に感想を言い合う時間だけでなく、部活以外で演劇を観に行った後などにも、一緒に見た人とたくさん思ったことを話し合って、さらに劇に対する考えを深めていくべきだと感じました。
                      また、他の人の講評からもいろいろな考え方を知ることが出来て、とても有意義な時間でした。そして、新しい発見もたくさんあり、劇のことを話し合うことって、こんなに楽しいことなんだなあと感じ、改めて演劇が素晴らしいものだということを感じる事ができました。
                      そして、2日目の昨日は、いよいよ本番で、初めて舞台に立つ1年生はすごく緊張していましたが、発声も直前の練習もいつも通りに行い、良い緊張状態だったと思います。本番がはじまり、袖から1年生達が演じているのを見ていると、入部してから約2ヶ月間、初めてで分からないことだらけの中で頑張っていた姿が思い出されると同時に、昨年のノトスで、初めて舞台に立ったときのことを思い出しました。今日の公演を通して、劇をつくる喜びがどれほどのものか、分かったのではないかなと思います。また、演劇部に入って良かった、と思ってもらえると嬉しいです。そして、このように私達が演劇を出来ることに感謝する気持ちを忘れずに、これからも頑張っていきましょう。
                      今回のノトスの2日間も、本当にたくさんのことを考えさせられました。昨年とはまた違った視点で考えられることもあり、演劇の奥深さを感じました。そして、このような気持ちになることができるのも、私達が演劇をすることができているからで、それはたくさんの方々の支えがあってこそなので、今は、その恩返しをしたいという気持ちでいっぱいです。
                      これから、演劇部での活動をしていく上で、私は、お世話になったたくさんの方々にしっかりと感謝の気持ちを伝えることができ、また、一緒に演劇をする仲間を大切にできるような人間である必要があると感じました。
                      たくさんのことを感じた2日間でしたが、これからもまた演劇を通して様々なことを考え、学んでいきます。
                      以上、ルークでした。
                      カテゴリ:日記 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      << | 2/108PAGES | >>