<< 夢を見る。夢を叶える。 | main | 会いに行くから >>
初めの第一歩!
0
    こんばんは、ショートカットのしずかちゃんです。

    二日間に渡る大会が無事終わりました。
    見にきてくださった皆さん、応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました!

    私たち丸亀高校演劇部は、四国大会への推薦枠に入ることができませんでした。応援してくださる皆様の期待に、応えることができませんでした。ごめんなさい。
    大会が終わって先生に言われたことは、この涙の意味を考えること。これをどう次に繋げるかということ。
    この悔しさは、反省は、必ず私たちの糧になります。しなくちゃいけません。
    後輩たちは、「次は必ず日本一になる」と言ってくれました。頼もしい、自慢の後輩たちです。この経験は、必ず今後に活きてきます。思いの力は大きいです。今は悔しいだろうけど、その気持ちを次を見据えて歩き出す力に変えていこうね。

    今回、私は演出を務めさせていただきました。部員、先生方、友人、家族、言い尽くせないほどたくさんの方に支えられてここまで来られました。ありがとうございました。
    どうしても自信が持てなくて、みんなを不安にさせてばかりでした。それでも最後まで文句も言わずに一緒に歩いてくれて、ありがとう。みんなの先頭に立つつもりが、みんなが私をここまで連れてきてくれました。こんな素敵な人たちに支えられて部活ができて、私は幸せです。
    上演後、たくさんの方にお声をかけていただきました。観劇してくださった人の中に涙を拭う仕草も見かけました。私たちの舞台が見ている人の心を少しでも動かせたのかなと思うと、これほど嬉しいことはありません。
    この舞台の演出ができて良かった。正直な気持ちです。
    この舞台を見てどんなことを感じ、どんなことを考えてもらえたのでしょうか。ぜひ私たちに教えてください。お褒めの言葉もお叱りの言葉も、私たちの励みになります。

    四国大会に出場できたら、「鶴を訪ねて三千里」という題でブログを書こうと思っていました。でもそれはかないませんでした。ここ数年出場しているから、という甘い気持ちがありました。しまった、と思いました。
    慢心する余裕はありません。まるえんはまた新たに一からスタートします。
    あたたかい応援を今までありがとうございました。これからも、丸亀高校演劇部をどうかよろしくお願いします。

    最後になりましたが、高松桜井高校さん、高松高校さん、四国大会出場おめでとうございます。 応援しています。頑張ってきてください。

    以上、しずかちゃんでした!
    カテゴリ:日記 | 03:09 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      カテゴリ:- | 03:09 | - | - | - | - |
      コメント
      まずは県大会、そして何より丸高演劇部員としての活動お疲れ様でした。

      客席を埋め尽くすほどの、あんなに大勢の観客すべてを感動させたのは本当に凄い事だと思います。
      なかなか鳴りやまない拍手、席を立つときのざわめき、そしてロビーのあちらこちらから聞こえてくる感動と称賛の声。
      これが全てだと思います。
      本ッ当に!素晴らしい舞台でした!!

      今年も3月のFACESに始まり、1体お別れ公演、ノトス、川之江、斯文祭とたくさん楽しませてもらいました。
      毎回違った趣向の作品で、どれも「観に来てよかった(^_^)」と思わせてもらえましたが、今回は"良い意味で"丸高演劇部「らしくない」作品だったな、と感じています。

      私の中のここ数年の丸高演劇部のイメージは『動』でした。しかし、今回の作品は『静』を大切にしていると感じました。いつもは舞台に一気に引き込まれるという感じですが、今回は気がつけば観客席が作品の世界と同じ空気で包み込まれていました。この静かな空気感を大事にしたい。呼吸音さえもこの世界観の邪魔をしてしまうのではないかと感じるほど。

      やらしい言い方にはなりますが、丸高「らしい」作品をやっていればある程度の算段はできていたと思います。
      そこに敢えて「らしくない」作品。「らしくない」とは、新たな挑戦をするということ。どちらに転ぶか分からないが、更なる高みを目指すため敢えて新たな領域に挑戦する。それはとても大変な決断だったと思います。特に演出家は、これまで自分たちがやってきた、もっと言えば自分が演じてきた事のない世界観を作り出さないといけないという難しさやプレッシャーは計り知れないものだったのではないでしょうか。敬服いたします。

      四国大会に進めなかった事は残念ですが、観た人全てに感動を与えたという事実は何物にも代えられない素晴らしいことです。
      惜しむらくは、終演後に多くの部員たちが言っていた「まだまだ磨きますよ!」という言葉。さらに磨きあげられたこの作品が観られない事が個人的に残念です。しかし、県大会で見た舞台を私はずっと忘れる事はないと思います。

      長文になって申し訳ないm(__)m

      次の公演も楽しみにしています(^o^)
      | 某OB | 2016/11/15 1:57 PM |
      コメントありがとうございます!
      私たちが大切にしてきた空気とか温かさとか、舞台から感じ取っていただけたなら幸いです。
      この作品は終わりますが、まだまだ磨きたいという思いはきっと後輩たちが新しい作品で体現してくれると思います。
      これからもまるえんをよろしくお願いいたします。
      | しずかちゃん | 2016/11/18 9:36 PM |
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://marukou-drama.jugem.jp/trackback/967
      トラックバック