<< ゲリラ公演を打ってみた | main | 蝉の声が夏を呼ぶ、蚊が私の血を持っていく。 >>
玉ねぎに泣く夜
0
    こんばんは!あわあわ炭酸水淡です。
    1日経ちましたが、昨日は斯文祭のオーディションを行いました。

    普段の特定の役を演じるような
    オーディションとは違って、

    事前に課題として渡されたある一連の状況を、1人の演技でどれだけ観客に伝えられるか、というものでした。


    「電気がついた」
    この時、人はどんな行動を
    とるでしょうか。


    眩しさで目を瞬かせる。とか、
    性格によっては「眩し」と呟く。とか…。

    自分の中の感情や、
    周囲の状況を示すために使われがちな
    「説明的なセリフ」を用いずに演じるには

    普段からの人間観察
    自分の経験
    それを演じきる演技力
    が必要になってきます。


    「今電気がついたから眩しいなぁ」とはあまり言いませんよね。


    道具を主にやってきた部活でしたが、そろそろ劇の方にも入って行くようになると思います。

    今年の夏も暑いです。皆さんも熱中症に気をつけて過ごしてくださいね。


    水淡でした!
    カテゴリ:日記 | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      カテゴリ:- | 19:20 | - | - | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://marukou-drama.jugem.jp/trackback/1086
      トラックバック